パティスリー

マリー・アントワネットの有名なセリフ「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」…パティスリーとブーランジェリー。混同されがちな二つの差を、あの時代にしてすでに彼女は知っていたのです!

パリにひしめくパティスリーとブーランジェリーの数はかるく千を超えます。どのお店に入ろうか、お目当てを絞るのも一苦労!

今この瞬間にもシーンは進化し、続々と若手のシェフたちが店を構えていきます。その多くは有名店やガイドブックに載っているような地区からは遠く、家賃の低い外側のエリアにあります。例えば Yann CouvreurChristophe Vasseur (Du Pain et des Idées) 、 Liberté。これらのお店は サン・マルタン運河の周りにありますし、ChambellandBenjamin Turquier (Tout autour du Pain) 、 Utopie はリパブリック地区。 Benoit CastelBernard Ganachaud はメニルモンタン、 Gontran CherrierArnaud LarherGilles Marchal 、これらは西モンマルトルにあります。

これらの地区を回ってみると、新しいパリの一面が発見できるでしょう。

パリチャンではGontran Cherrierを含む数店舗でテイスティングを行うバティニョールツアー や新進気鋭の若手人気パティシエによるオートパティスリー(オートクチュールのパティスリー版)のワークショップ をご用意しています。またプライベートガイドとしての同行・お手伝いも可能ですのでぜひお気軽にお問い合わせください!