お土産

お土産探しなら、まずはMonoprixに行ってみましょう。厳選された食料品から日用雑貨、衣料品まで一通り揃っている上、Galeries LafayetteLe Bon Marché といった高級店と比べて格段とお値打ちです。

ヴィンテージ本やアンティークポスター、ポストカートといったアイテムは19世紀の古いガラス屋根のパッサージュ、またはセーヌ沿いによく見られるブキニスト(露天商)に交渉するのがおすすめです。

ほとんどのお店で無料のギフトラッピングサービスがあります。’Papier cadeau, s’il vous plait’(パピエカドゥ スィルヴプレ)と言ってみましょう。

20年間最先端を走ってきた Colette が先日惜しまれながら閉店しました。しかしパリには他にも The Broken ArmMerciCentre CommercialFleux L’Éclaireurといった人気のコンセプトショップがあります。

さらに細かいおすすめとして、紙やノートが好きな方はPapier Tigre、オリジナルまたはローカルな食材を試したい方はLa Maison Plisson、キャンドルがお好きな方はCire Trudon(有名な顧客はナポレオン、マリー・アントワネットなど!)にぜひ足を運んでみてください。きっとお気に入りの一品に出会えるでしょう。